「靴に石を入れて履け」by ジョコビッチ

テニスプレーヤー、
ノバク・ジョコビッチ。

コソボ紛争に巻き込まれた セルビア人。
逆境に負けず
世界一になる、という夢をあきらめず・・。

苦しい避難生活の中、練習を続け使命を達成した彼。常にオープンマインド。

素晴らしいグランディング力。

 

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」 を読みました。

地に足がついている。人間が成熟しているジョコビッチ。

成功者は常に努力を惜しまないなぁ。。

そして、
彼の生き方がヨガそのもの!、という感想です。

 

本のなかにセルビアの格言
「どこも痛くないときは、小さな石を靴の中に入れて、歩きなさい」
~「ジョコビッチの生まれ変わる食事」から~

という言葉がでてきます。

「靴に石を入れて履け」

そうすることで他人の痛みに心をむけることができる から。

痛みを知っている人ほど、他人にもやさしくできる・・ と言われます。

ヨーガのお師匠さんは
「人生、山あり谷あり。経験豊富な人のほうが良いセラピストになれますよー」と言われます。ヨガは経験哲学とも言われています。

私も思い通りに人生を操作したくって、戦って迷って・・ 問題を自分でたくさん作っていました。「問題を問題視する自分に問題があった」のです。

心も身体もしんどい時がありました。

特に肉体面は、膝。
学生時代にバレーボールで酷使した膝は、半月板が損傷し医師からは手術を勧められました。(今はヨーガのアイソメトリック運動で痛みから解放されました)

 

 

ヨーガセラピーはクライアントの心に寄り添うことをモットーとしています。

「共有」することを大事にしています。

頼りない私ですが、お話を聴くことはできます。

ヨーガの智慧やアーユルヴェーダからの視点で

お伝えするアドバイスはアドバイス。

参考にしつつ、でも常に自分で自分観察してくださいね。
自分劇場(人生)の主役は自分。

「私がわたしを知らずして、どうするの?」

「人生という地図の

今の現在地を知らず、どこに向かうのですか?」 とよくお話ししています。

ただ

話して気づく。自分の立ち位置に、自分の性質に、自分の執着に。

その事柄に評価をしたり、

判断を決めつけたりしないで。

 

 

そして、エゴが出てきた時は

「靴に石を入れて履け」

というジョコビッチ先生の言葉を思い出しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です