春はカパが増悪する季節

春の不調はカパ(水のエネルギー)の増悪が原因、と言われます。

春。

暖かくなると、冬の間たまっていたカパ(水のエネルギー) が出てきます。

冬は消化力が高まり食欲も増え、ごはんや甘いものも食べ過ぎちゃう!ので、

なんだかんだで、体重が増加したり、重たい性質のカパ(水の性質)もどんどん蓄積されたりします。

そして春になると、溜まっていたカパが噴出してきます。鼻水、痰、喘息、目のかゆみやアトピー性皮膚炎。インド伝承医学アーユルヴェーダでは、首から上の支障は、カパが原因だと言われます。

花粉症の症状もカパの悪さのせい(T ^ T)

 

そう、春って、体調を崩しやすいんだーという方も多いですね。

 

改善するには、冬の過ごし方が大切ですよーと浅貝先生はおっしゃいます。

えっ、もう遅い。

冬は終わってしまったもの。

 

いえいえ、大丈夫!
カパを減らす生活をすることで改善にむかいます。代表的な事柄を下記に・・

  1. 甘いものや、冷たいもの食品は控える
  2. 脂っこいもの(古い油であげた加工品など)は控える
  3. 食事のなかで酸味、塩味は控えめにする
  4. 苦味、渋味、辛味を摂る
  5. ヨーグルトもカパを増やす(私は鼻が悪いので冬しか食べません!)
  6. 春の旬の野菜を食べる(菜の花・フキノトウ・タラの芽)
  7. 黒胡椒やショウガ、ウコン(ターメリック)等 上手にスパイスを使う
  8. 生蜂蜜をとる(非加熱のはちみつ)
  9. 疲れたら早めに休息
    一番はやはりストレスをためないことでしょうか?
    何事もほどほどに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です