がんばりすぎないで

「頑張らないでくださいねー」 とレッスン中に何度が言います。

がんばりすぎると ・・・ 怪我につながるから。

今日は小牧のサークルでレッスン。

終了後、一人の受講者さんがかけより、

「肩が痛くって腕があがらなくなってしまったのー」と。

どうも1月中旬のレッスンで何かのメニューを頑張りすぎてしまい、結果肩に鈍痛を感じるらしい。

 

中高年のクラスではよくあるお悩み。突然腕があがらなくなる、肩が痛い・・などなど。

ヨーガセラピーでは、身体の痛み、支障は身体が語りかけてくれる主張としてとらえ、今この状況をそのまま受け入れます。。身体の声を聴く。

声を聴いて、ありのままを受け止める。何事も応諾、ジタバタしない。。。

 

痛みを受け入れ、ある程度痛みがひいたら動かします。動かすしか改善する方法はありません。

 

マダム(受講生)曰く

「お医者さまに行ったら、『無理したんでしょう~」、と叱られちゃったわ。

『ヨガの先生は無理にポーズをとらないで、と言ってたでしょ。』

と、先生のいつも言われること知ってたわよ。」

と。 そうなんです。

ヨーガセラピーはポーズうんぬんではないため、ポーズの完全形を求めてはいません。心の体操がヨーガセラピー。心を調えることが目標です。

 

 

ヨガには危険もある、ということを覚えておいてください。がんばりすぎないで。ほどほどに・・。

自分の身体を見つめながら、体操をしましょうね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

NHKでもクローズアップされています。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/03/0313.html

でも ↑ 記事にあるような

「上半身をひねるポーズをとっていたところ、インストラクターに右足の付け根を上から押され、、、」 なんてことはしませんよ。

ヨーガセラピーは受講者さんの身体にふれたり、ポーズを手直しするようなことはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です