7月の聖句

7月の聖句
「大隠(たいいん)は 市に隠ると知れ」

 

「本物の隠者は、俗事に心を乱されることがないので、超然として町の中に住める」という意味だそう。

これまでの人生のなかで、決して心を乱されなかったときの事を・・

これまでの生活で常に心を制御してきた努力の体験を・・

または、

心が乱されそうになった体験を・・

内省してみましょう。

 

この聖句は、

たとえ多くの人々と交わっても、真の行者は決して心を乱さない、という教えです。

 

いろんな人達からの影響、テレビやネット、SNSなど情報に溢れている現代社会。魅力的な事柄に心が乱されてしまいます。

先日聞いた、スワミジの話が思い出される。

 

 

「見猿、言わ猿、聞か猿(みざる いわざる きかざる)」

「この世の、良いものだけ見て、余分なこと言わないで、良い音だけきく」

「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」・・ の教え。

 

周りに流されることなく、地に足を着けた生活を心がけたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です