アーユルヴェーダのすきなところ・・

インドの伝承医学、アーユルヴェーダがすき・・

「ほどほど・・」がモットーなところ。

がんばらなくっていいところ、がすき。

自然の代弁者がアーユルヴェーダ。もともと自然の叡智・・・

(最近はまっている、アボカドのぬか漬け)

 

 

アーユルヴェーダを学んでいます。

自然を学んでいるかんじ。

自分が地球のひとつ、であることを思い出させてくれる、自分が自然のなかの生き物であって、生かされていることを思い出させてくれる学問です。

 

 

アタルヴァ ヴェーダのウパ(副)ヴェーダである、アーユルヴェーダはブラフマ神から伝承されました。

「ブラフマがアーユルヴェーダを思い出して、息子に伝えた」 と言われてますが、

なぜ”作り出した”、と言わず”思いだした”と言ったのか・・。

 

その答えがアーユルヴェーダのなかにあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です