睡眠

昼間の生活が睡眠を支える!

 

昼間、日光にあたる(ブルーライトがメラトニンをあげる)ことで、質の良い睡眠が促されます。夜のブルーライト(パソコンのモニターを見る、スマホの画面もNG) は禁物。

 

脳内リセットが睡眠。 睡眠は健康に直結します。

 


アーユルヴェーダは、「軽さ・気持ちよさ」が倍増するため、早起きを推奨」。そのためにも良い睡眠が必要です。

ただし、睡眠時間を確保したうえでの早起きにしましょう。

早起きは精神的によい効果をもたらす他、肉体の生理的な機能も円滑にする。寿命を延ばし、抵抗力を高め病気を減らし、ストレッサーへの対応がうまくできるようになる、など良い効能がたくさんあります。

 

朝一番、ヴァータ(風の性質)ドーシャの順調な働きを整え、良好な一日のスタートをきりましょう。

適切な睡眠は、健康と生命を維持する柱のひとつです。

そして、安眠は美容の基本~!質の良い睡眠をとりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です