10月の聖句

「知者は惑わず 仁者は憂えず 勇者は畏れず」

 

10月の聖句は 「知者は惑わず 仁者は憂えず 勇者は畏れず」 です。

これは、

知者は道理をわきまえているのでこころに迷いがない。仁者は徳に身をゆだねているので、少しの不安もない。勇者は信念をもって行動するので、いつ何時も気後れすることがない、と説く智恵の教えです。

知者は道理に明るいから、事に当たっても迷わない。

勇者は勇気があるから、事変に際しても恐れることがない。

自分を信じて判断をする。迷いはない・・ そんな経験はありますか?

 

これまでの人生体験のなかで、

”智恵があったので心に迷いが生じなかった”と感じられた時の体験を・・

”他人に礼節を尽くした” ので不安なく他人と交われたという体験を・・

”徳を積む”ことをどのように実行しているかを・・

 

記憶を掘り起こして、具体的によく調べてみましょう。

そこから何かに気づくかもしれません。

 

自分の判断を信じる。自分の声(直感)を聴く。 心がざわざわ しているときは、自分とつながることができません。心の声が聴けない。

直感力が高まるのもヨーガの訓練からくるたまものです。

 

落ち着いた状態・ 静けさを作り出していきましょう。

そこから

識別智、勇気、幸福 がうまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です