日日是好日

「日日是好日」

観た

 

亡くなった樹木希林さんが見たい、のと

昔、花嫁修行の一環として 茶道を習っていたのと、相まって興味があった作品。

習ってたお茶は、裏か表か・・忘れてしまったが、毎回いただく美味しい和菓子に惹かれ学生時代、2年程通っていた。

その頃の記憶が、懐かしく蘇り・・

時々、ジンワリ涙した良い映画でした。

 

茶道先生役の樹木希林さん。

本物の茶人のようで、お点前も軽やか。流石!ムダな力が入ってないなー。

劇中の先生の一言ひとことにうなずかされる。

心に響いたセリフのひとつに、

「世の中にはすぐわかるものとわからないものがある」と言うことば。

今は、すぐに知ろうとしてネットで調べたり、

興味があると講座を受けて

ちょっと学んで、まだ身体に染みてもいないのに知った気になる。

そう・・身体で覚える大切さ。

 

重き深みがあるものになりたい、わき目もふらず、ひとつのことに取り組む重要性を 観ながら思い出させてくれた。

茶道も花道もヨガ道も、すぐにはわからないもの。

そんなものに挑んでいきたいと思った。

 

「作法は勝手に手が動く」という先生の言葉にも、激しく動揺(笑)

 

あーー、そうだった!日々の精進が大切。

アーサナ、呼吸法の更なる練習だわ。最近サボり気味・・・。
まだまだ私もヨガを始めて15年ですもん。ひよっこ!でございます。

 

 

さいご

劇中 初釜の挨拶で

「こうして毎年、同じことができることが幸せなんだ」

と、先生が話す。

日々、忙しく生活して忘れてしまう、当たり前のこと

三食ご飯が頂けて

健康で仕事ができ、

温かいお布団で寝れる幸せ、忘れないよーに。

 

「日日是好日」

アーユルヴェーダでも説いている

毎日、新しい朝を迎えることができる喜びを忘れずにいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です