フェルメール展

2018/10/22(月)

上野の森美術館で開催されている、フェルメール展へ行きました。

 

平日だから大丈夫かなーと思いつつ、出向いてみるとすごい人。日本美術史 最大のフェルメール展だから?東京だからか?・・ とにかく人がいっぱいでした。

やはり人気の展覧会は違います。

フェルメールの作品は光りの加減と、人物の躍動感が素晴らしく好きな作品。

 

「ワイングラス」

「牛乳を注ぐ女」

「マルタとマリアの家のキリスト」

が印象に残りました。

 

20代は、アムステルダム美術館でレンブラントやフェルメール作品を見ても「ふーーん」って感じ・・。良さが全然わからなかった。(その頃は夫が旅行会社添乗員で、定員割れした美大生ゼミツアーに便乗していた)

今は、タッチの繊細さやダイナミックな表情。生き生きした肌質や、全体の構成に感動するように。年を重ねることでわかるもののひとつが”絵画”となりました。

良い物をみることで、心が調います。今日も良い日!17世紀のオランダ絵画を堪能できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です