インドとわたし

「部屋とTシャツとわたし」 なんていう、歌があったけど・・

 

「インドとわたし」 を振り返る

 

勝手な自己満足の世界でございます。

どうぞ、スルーしてくださいね。

 

 

30年前、

ハネムーンという名目で初めてインドに行った。

夫の休みがたくさんあり、しかも、”お金が無い”という理由だけで。

 

タイ(バンコクで一日トランジット)経由でネパールへはいり。

カトマンドゥやポカラでヒマラヤを眺め、その後、インドへ入国。デリー、アグラ、その周辺をまわった。

 

 

若いって素晴らしい!

その頃は純粋無垢なお年頃で、文句も言わず夫の行程について行ってた。

 

インドの暑さ、

人混み、

牛さんの徘徊、

砂埃、物乞い、

スパイスの匂い

そして、市場、建物 ・・ 全てが新鮮で、全然苦にならなかった。

 

当時、某旅行会社 添乗員だった夫のアテンド、で二人旅。

 

その日、訪れた土地でホテル(と呼べるランクではなかったけど。民宿かな~!?)に宿泊。らせん階段で人が寝ているようなお宿だった(笑)

 

今なら、絶対泊まらない!

 

その後、五年ほど前にも 南インド ケララへ。

正月に行ったけど、ちょうどタクシー会社がストしてて、現地ガイドさんに予定していたオプション 「バックウォーター」 はできないと言われた。

さすがインド人。悪気もなく、「できないよー」って感じ。

いちいち怒っていては、インドを楽しめません。

 

夫は、道をバイクで走るお兄ちゃんに声をかけ、「一時間●●円」で交渉。 二人乗りして街を散策した。

久しぶりに若い男の人に触る?楽しい思い出。

 

そして、

来年はまたまたインドへ導かれている、そんな予感♪♪

今度はアシュラム(道場)で、ヨガなど行じてみたい。

 

 

「インドとわたし」は、30年前の出会いから繋がっていたのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です