きらきら眼鏡

映画がすき

(マグカップもすき)

 

 

中学校の頃から ”ロードショー” ・ ”スクリーン” といった映画雑誌を買っていた。映画好き。

以前は、映画の日には必ず映画を観に行っていた。

今日は映画の日

「きらきら眼鏡」を観ることに・・。

 

やさしい映画でした。

生と死という厳しい問題をテーマにしているのですが、暗くならない。

時間の流れがゆっくりで、正直であたたかい良い映画でした。

映画の中にでてきた言葉

「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない」

そうだよねー。

まずは 自分を愛しもう。

自分で自分を楽しませる事しないで、誰が楽しませてくれるの?

自分の幸福度を自分で上げる!しかない。

 

 

映画すき。

初めて映画館で観た映画はディズニーの「101わんちゃん」で、小学生?かな~?その頃は大阪に住んでいて(父の転勤であちこち移動していた幼少期)親と観た記憶が。。

 

思い出深い作品は・・

フランス映画 「ラ・ブーム」

中学校の同級生と、日立市の映画館街へ観に行ったなー。主題歌聴くと、あの頃にタイムスリップできる なつかしい~~思い出。 ( ・ิω・)ノิิ

 

同い年でもある”ソフィー・マルソー” に親近感をいだき、そのあとの 「ラブーム2」も観た。笑

ソフィーがホントにほんとに可愛くって、今風に言うなら私の”神”でした。

 

 

好きな映画、と聞かれれば「ショーシャンクの空に」 と言う。希望をもつことのすばらしさを教えてくれる、サイコーに清々しい映画。

 

そして、

最近はまっている作品(映画ではなくドラマ)は、 ゾンビドラマ 「ウォーキング・デッド」なのですが、

「ショーシャンクの空に」 をつくったフランク・ダラボン監督が、この「ウォーキング・デッド」   を企画・監督・製作総指揮を務めているらしい。うーーん、同じ匂いがしたわ。

 

 

単なるホラーとは違う本格ヒューマン・ドラマの要素 満載。

 

泣けるゾンビドラマ。

 

ああ・・・アメリカドラマに はまる2018年 下半期。いつまでたっても、外の刺激に幸福感を見いだしております。まぁ、いっか~~!修行僧ではないので(笑)

2018年

残りわずかな2ヶ月を健康に幸せに過ごしたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です