1月の聖句 2018年

2018年 おめでとうございます

今月の聖句は 「人に高下無し 心に高下有り」 とう智慧の言葉です。

私たち自身の価値は、社会における収入や地位の上下にあるのではなく、心の質の良し悪しにある、という智慧の教えです。

自分の性格の良い点を評価すると、どの点が良いか・・

心の質の方を大切にして生き抜いてきた、そのときの体験を・・

記憶の中でよく思い出して、調べてみましょう。

 

今、自分でほこれる自分の心の質の良さ・・を、よく調べ、言語化してみましょう。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

。。。と、いうことで、

私の性格の良い点を評価すると、「 ”忘れる” ことが上手」ってことでしょうか?!まぁこれは、良い意味でも悪い意味でもありますが__(^_^;)

悪いことや悲しいこと、ネガティブな想い、あんなに辛かったのに~、私 忘れてしまうのです。

あんなコトされたり、こんなひどいコトされたりした過去はありますが、基本忘れる!これは持って生まれた性格。小学校の転校を四回も経験した日には、いちいち悲しんでなんかいられない。新しい環境にいかに馴染むか、が大事。

「うーん」 馴染むというよりも、いかにそこで心地良く生活できるか、を模索していた幼少期でした。環境に適応する能力を、培うことができるようになったから、今 思うと父に感謝。

あっちでもこっちでも イジめられたけど(ネ暗だったので)、無理して合わせるくらいなら一人でイイモンっていうタイプ。可愛くなかったですね。

今は全然、誰とでも合わせますよー(笑)

 

子どもの時の方が、変にトンガッていた?変にこだわっていたのでしょう。

ヨーガを始めて、大きなものの見方をしようと心がけ、色々な問題を発見してもその先へ抜け出す眼差しができるようになりました。

できてないかもしれないけど、できる手段を教えてくれるヨーガの智慧に沿って努力しています。

本年もよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です