行動をおこす勇気

映画「15:17分 パリ行き」をみた。

クリント イーストウッド監督が好き。(俳優時代は興味なかったけど)
丁寧な描写とリアル感。
人間共通の疑問点を掘り下げ、でも、答えは観客に投げかけてとっととフェイドアウト。熱くないのに泣ける・・。そんなところが好き。今回の作品も時間の経過に従ってわかりやすく描いている。

 

 

 

映画は、実際に起こった「タリス銃乱射事件」がモデル。

2015年8月に発生したアムステルダムからパリ行きの鉄道タリス車両で、イスラム過激派が銃を乱射した事件だ。幸いにも乗客の若者達が犯人を取り押さえたのだが、その事件を映画作品にした。

な、なんと、事件に直面した「本物の3人」に役を演じさせ、(もちろん素人さん)さらに、乗客として居合わせた人たちも出演。

実際に事件が起こった場所で撮影に挑んでいるという作品。

監督、すごいなーー。

創造力の賜物。

ひとつ間違えれば、学芸会になってしまう素人たちを信じ、変化を恐れない。

新しい境地への挑戦。

役者ではない素人の当事者たちがどう演じるのかも、興味アリアリだったが、観ているうちに”素人だ”なんて思わなくなった。

もうキャラクターそのものが動いて、映画の世界に引き込まれた。素晴らしい作品。

 

 

映画の中では、主人公たちの”行動をおこす勇気” が表現されている。子供時代は悪童のレッテルを貼られていた三人。

本当は少し表現が苦手だったのだと思うけど、大人に叱られてもくさらず、どんな時も自分を信じて成長していく姿も丁寧に描かれ、共感も高まる。主人公スペンサーの神様を信じる姿勢も素敵だ。

突然の危機のなかでも自己を放棄し、行動に移せたのは本当の自分(真我)とつながっていたからなのかな?

 

スペンサーは事件時

「何も考えていなかった。勝手に身体が動いた」と話していたそう。

無心の境地かぁ・・。いやぁ、むちゃくちゃかっこいいわ♡♡(惚れる)こんなに正義をもてるかな。

勇気をもらえた映画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です