4月の聖句

「弱い者ほど 相手を許さない

許すということは

強さの証だ」

4gatsu

4月の聖句


今月の聖句は、

「弱い者ほど 相手を許さない 許すということは 強さの証だ」 という智慧の言葉。

受け入れがたい人や、できごとがあっても、心が強ければ受容できる、

すべては自分の心の強さの有無にかかっている、という智慧の教えです。

これまでの人生のなかで、受容と拒否のどちらが多かったか・・。

非常識な他人がいる場合、その人を拒否か、上手に受容かどちらが多いかを

ご自身の記憶のふくろを開いて、よくお調べください。

他人を許せるほどの

強い心根をお持ちですか?

愚かしい人がいても、その人を受容してきた体験を・・。

また、今抱えている人間関係のなかで、

上手に受容して行ったほうがよいな~と
思う問題があればそれについて。

上手に受容できない場合、自分に何が足りないのか・・

ご自身を客観視してみましょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4月の聖句

私の課題ですね、(苦笑)

人間ですもん、腹立つこと、理解できないこと、受容できないこと
多々あります。

以前、ヴェーダンタ協会のスワーミー・ヴィヴカーナンダ氏に伺ったことがあります。

「どうしても許せないことがあるんです・・」

スワーミー・ヴィヴカーナンダ氏はこうお話しされました。

「許せない!というネガティブな想いが、結局自分の首を絞めるのです。
自分が不幸になるだけ。

自分が幸せになるために許すのですよ~」

それからは自分のために、
人を憎むのも嫉妬もやめました。

 

止められて ないかもしれないけど

湧き出る感情は仕様がないので、

嫉妬や憎悪に

溺れないようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です